LINE@の複数スタッフによる対応課題が解決しました

お話をして頂いたのは、パソコンなどのICT機器トラブルの悩みを解決し、人とICT機器をつなぐサービスを提供する日本PCサービス様(http://www.j-pcs.jp/)。

日本PCサービス様はLINE@と同じタイミングでCS cloudを導入して頂きました。同じタイミングで導入した理由として、LINE@だけでは難しい複数人での対応が出来るツールを探していましたということ。その問題が解決出来たのと合わせて、今後のCS cloudへの期待感がとても大きいというお話をして頂きました。

まだ導入したばかりということもあり、LINE@への導入の経緯と合わせてCS cloudへどのような期待を寄せて導入して頂いたのかをお伺いしてきました。

LINE@を検討した経緯

弊社の事業がパソコンのトラブルを受付して出張でご訪問をするという事業モデルになります。自社内でコールセンターを設けていますので、そこでかかるコストが莫大になっています。それを出来るだけLINEに切り替えていくことでコストを抑えていけるのでは無いかと考えました。

最初から全てのお客様をLINEで受け付けるのは難しいですが、問い合わせの中で前回の作業のお問い合わせやクレームなども入電の中には多くを占めています。出来るだけそのようなお問い合わせをLINEに切り替えていくことで、コールセンターは新規の受付に専念するということを目的にしています。

LINE@導入にあたり不安な点はありましたか

やはり友だちをそれだけ集められるのかどうかという点。
LINE@とCS cloudを導入するときに最初の費用がどの位かかるのかという点。

他にはどの程度タイムリーにやり取りができるのかという点です。今も友だち登録をして頂いていても、その後の連絡がないというのは結構あります。初めての取り組みですので、それで本当にお客様が困っていないかどうか、という不安はあります。

連絡先がその段階では頂けておらず、そのための確認手段もまだ無いので、お客様の温度感は少し分かりにくいと感じています。

価格が安く、これから使える機能の
期待感が大きいです

CS cloudを知った時の印象は何かありましたか

印象は価格が凄く安いと感じました。
他のチャットツールなどもそうだと思いますが、アカウント毎に課金されたりすることが通常かと思います。CS cloudはユーザーやアカウント数を増やしても金額が変わらないというのは導入し易かった点になります。
※日本PCサービス様導入時点の料金体系になります

LINE@と同時に導入することで、どのような期待がありましたか

複数のスタッフで対応できるツールを探していたという背景があり、それはLINE@だけでは出来ません。それを解決してくれたのがCS cloudになりますので、それは凄く良かったと感じています。

とはいえ導入したばかりなのと、CS cloud自体もこれから使える機能が増えていくと思いますので、今後の機能にも期待しています。それだけ利用者側の要望なども聞いて頂けるという期待感は大きいです。

今すぐ下のボタンから詳細な資料を請求して
あなたの会社にCS cloudを取り入れる方法を確認してください。

ページトップへ戻る