機能別LINE活用法
「kintone連携」Kintone linkage

問い合わせ対応やクロスセルを自動化!
顧客情報と連動したLINE施策ができる
『LINEのkintone連携』


LINE機能を拡張する「CScloud」と
kintoneの連携とは

E-mailの開封率や電話の接続率が下がる中、あらゆる業界で月間アクティブユーザー8,400万人(※2020年3月末時点)を抱え、E-mailの3倍~4倍もの開封率がある “LINE”の活用が注目を集めています。

そこで、LINE拡張ツール「CScloud」とkintoneのシステム連携を行うことで、顧客情報に紐付いたLINEでの顧客対応や販促活動が可能になり、1to1マーケティングによる売上向上やチャットボットによる問い合わせコストの削減などの業績向上効果が見込まれます。

kintone連携で
実現できるLINE施策

施策①
顧客情報を見ながらのLINEチャット(Bot含む)対応

LINE公式アカウントを使って顧客対応や接客業務を行うにあたり、顧客情報を見ながらの有人対応、チャットボット対応が可能になります。

施策②
LINE経由の問い合わせもkintone上で自動的にリード作成

これまでは、LINE経由で新たな問い合わせ等が発生した際、kintoneに手動でリード(や案件)作成を行っていましたが、CScloudとkintoneのシステム連携によって自動的にリード作成が行われます。
さらに、LINEで問い合わせ対応を行い、CScloudのステータス(フェーズ)が更新された場合、kintoneのステータスも自動的に更新されます。

施策③
顧客情報でセグメントしたLINEのメッセージ配信

顧客情報でセグメントしたLINEのメッセージ配信やステップ配信ができるので、アップセル/クロスセル、リードへのフォローアップ、休眠顧客の掘り起こし、更新案内などのキャンペーンを効果的に行なえます。

数百社が導入する
LINE拡張ツール「CScloud」とは

LINE公式アカウントの機能を拡張した「CScloud」は、自動応答(チャットボット)と有人対応を同時に使うことで、LINEの1対1トークを劇的に楽にするツールです。

自動応答や有人対応の共有管理機能だけでなく、セグメント配信やステップ配信の販促機能、専用スマホアプリなど、LINE公式アカウントでの問い合わせ対応・営業活動・サポート業務に必要な機能が揃っているため、LINE対応を強化したい数百社の企業に導入いただいています。

※機能詳細はコチラ

開発・提供元
スタークス株式会社について

CScloudを運営する「スタークス株式会社」はこれまでにクラウドサービスで1,200社以上と取引してまいりました。2017年からLINEの拡張ツールを提供開始し、2019年にはLINE株式会社の「LINE Account Connert」部門において、「Technology Partner」および、各種LINEサービスの「正規販売代理店」に認定されております。

※導入実績はコチラ

よくある質問Q and A

Q
kintoneのどの項目を連携できますか?

A:連携させる項目については色々と対応できますので、営業担当者とすり合わせの上、決定とさせていただきます。

Q
CScloudは他のLINE拡張ツールと何が違うのですか?

A:導入実績100社以上の、業界主要ツールで比較した場合、大きく3つ違いがあります。

1つ目は、複数人で有人対応しやすいチャット画面。
システムに詳しくないスタッフや複数人での有人対応でも、抜け漏れなくスムーズにやり取りできます。

2つ目は、kintoneと連携させることで、顧客情報に紐づくLINE施策ができること。
例えば、問い合わせがあったがフェーズが動かない見込み客だけにステップ配信を送ったり、主力商品購入1ヶ月後にクロスセルのステップ配信を送ったりすることができます。

3つ目は、人材業界・不動産業界・店舗ビジネス、その他色々のように外回りや接客しながらLINE対応する場合に必須な専用スマホアプリがあることです。

まずはお問い合わせ
ください

お電話でのご相談・
お問い合わせもお気軽に

03-4405-0249

平日10:00~18:00

ページトップへ戻る