2019/03/03

LINE@とFacebookの合わせ技で集客率UPを目指せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WEBでの集客方法において、最強の集客方法はLINE@アカウントを使った集客方法であると紹介しました。この記事を見ている人の中で「LINE@での集客で、多くの企業やライバルに一歩差をつけたい」とお思いの方もいるのではないでしょうか?

それでしたら、Facebookページの導入を検討してみてください!

今回は、LINE@とFacebookページの特徴やメリット、合わせ技によって素晴らしい効果がある事を紹介いたします。

LINEとFacebookってどれくらい登録がいるの?

LINEとFacebookイメージ

集客をするときに大切な事として「どれだけの見込み客がいるのか」を知る事ではないでしょうか?

では、LINEとFacebook、それぞれどれほどの登録者数がいるのかをご紹介します。

■ LINEは国内SNS登録者数1位!

その数なんと7,600万人!!

日本人の総人口1億2千万人の中で3分の2の人が登録しているのです。

SNS登録者数2位のtwitterの4,100万人と比べると圧倒的な登録者数である事がわかります。

■ Facebookは国内SNS登録者数3位!

Facebookの国内の登録者数は2,800万人です。

「え?3位なの…やっぱりうちではFacebookでの集客方法はやめておこうかな…」

そう思ってしまった方もいらっしゃると思いますが、ちょっと待ってください!
世界のSNS登録者数でみてみるとLINEを大きく引き離して第1位なのです!
その登録者数なんと17億人もの人がアカウント登録しているのです!

これから日本ももっとグローバル化が進んでいきます。

日本製品は海外からはとても人気があるので、ほしいと思っている海外のユーザーも多いのです。

海外のユーザーを狙っていく事も視野に入れていけば、Facebookページで製品について紹介するだけで興味をもってくれる可能性が非常に高まります。

製品だけでなく、サービス業の集客でも役立ちます。店舗についても海外から日本へ観光に来る人が増えているので、日本人向けだけではなく観光者に向けての投稿をするだけで海外から来る顧客を集客することができます。

このようにLINE@もFacebookのどちらについても導入することで集客アップや売り上げアップが見込めます。2つのアカウントを上手に使って集客をしましょう。

LINE@で集客する時に活用するメリット

その1:友達登録してくれているLINEアカウントにメッセージを一斉送信できる

LINE@の機能として一番有名な機能は、友達にメッセージを一斉送信できることです。

一斉送信は他のSNSでは「全体に公開」していて「フォロワーや友達全員に配信」しているので、1人1人の心に響いてきません。でもLINE@の一斉送信機能は、トークルームに直接メッセージを送信できるので顧客の心に響きやすいというメリットがあります。

その2:メッセージの開封率が高い

メルマガやDMなどのメッセージ開封率は、情報が飽和している現代社会において減少し続けています。

理由としては、顧客が自分に必要な情報を選択する時代になっているからです。いらない情報だと思われたらメッセージを開封せずに削除されたり捨てられてしまいます。

メルマガの開封率が数パーセントであるのに対してLINE@のメッセージ開封率は20~30パーセントとメッセージの開封率がかなり高いのです。

それだけではないのです!

なんと、LINE@はメッセージの開封率がわかるのです。

ということは、様々なメッセージをテストし、配信する中で開封率が一番いいものを配信できるので、お店のノウハウの蓄積にもなります。

その3:簡単にクーポンが作成&配信できる

集客の手法として、メルマガやDMや直接手渡し等大変な思いをして作ったクーポンを様々な方法で配布していたと思います。しかし、実際にはどのくらいの人が手に取って使用しているでしょうか?

配布数と利用数のデータを取ろうと思っても正確な数値が取れず、あきらめている企業や店舗もあると思います。

でもLINE@なら、簡単にクーポンが作成できてアカウントを登録してくれている顧客に一斉送信できます。

LINE@のメッセージ開封率はメルマガやDMに比べてかなり高いので多くの人が認識してくれます。他にも、配布数に対して使用数が分かるので、顧客の反応がよかったキャンペーンを送る事で集客率をアップすることができます。

業界別のLINE@活用事例集。無料eBOOKをプレゼント中へのバナー

Facebookページで集客をするメリット

その1:情報を広く拡散することができる

Facebookページの集客において優れている点として、情報を広く拡散できることです。

例えば開店したばかりの飲食店などの場合は「ホームページを持っていない」「顧客がいない」このような状態である事が考えられます。その場合には、まずFacebookページを導入してお店のPRをし、お店ができたことだけでなく、得する情報や商品を魅力的に伝えることで、より多くの人に見てもらえ、いいね!が貰えれば、より多くの人に拡散されます。このように、これからの企業や飲食店にとってFacebookは大きなチャンスにもなるのです。

その2:無料で導入することができる

Facebookページは無料で導入することができます。

配信数や投稿数に制限はないのです。

2800万人もの会員に無料で企業や飲食店のPRができる事はすごい事ですよね!

集客においても魅力的な投稿を心がける事で集客数や売り上げアップも狙えるのです。

その3:魅力的な投稿を友達がシェアしてくれる

Facebookページで魅力的な投稿をした時、友達登録してくれているアカウントが気に行ってくれれば、自分の投稿をシェアしてくれます。これは、LINE@ではない機能で、友達数が多ければ多いほど、他の人のアカウントに情報が行きわたって友達ではない人にもリーチすることができます。

LINE@とFacebookページを連動して集客に必要な友達を集めよう!

先ほど、LINE@とFacebookページの集客の面でメリットをまとめてみました。

ではLINE@とFacebookページの2つのアカウントをどのように使えば、集客の効果が上がるのかが気になりますよね?

別の記事でも紹介しましたがLINE@で集客をするために最も必要なものは何かというと、友達です。

では、ここでFacebookとLINE@の友達を集める方法を紹介します。

・ Facebookページ:Facebook内の全体から友達を集める事ができる
・ LINE@:直接集めるかQRコードを通して登録してもらう。

この点から、Facebookページについては認識がなくても魅力に感じてもらえれば友達が増えていくので、友達を集めるという面ではとても有利に働きます。Facebookページの強みを生かしてLINE@に友達として集める事でLINE@の弱点である友達集めが解消されるのです。

このようにFacebookページとLINE@を連携することで集客のチャンスが広がるのです。

まとめ

まとめイメージ

・ LINEの登録者数は7600万人
・ Facebookの登録者数は2800万人

ともに多数の人が登録しています。集客において十分な見込み客が存在します。

また、双方のメリットとしては、

LINE@で集客する時のメリット

  • アカウントを追加してくれている友達にメッセージを一斉送信することができる
  • メッセージの開封率がメルマガやDMと比べると高い
  • 簡単にクーポンやポイントカードを作ることができて配布数や使用率や来店回数等データもとれる

Facebookページで集客をする時のメリット

  • 情報を広く拡散することができる
  • 無料で導入することができる
  • 魅力的な投稿を友達がシェアしてくれる

と、お互いのメリットを掛け合わせることで、集客を2倍3倍にすることが可能になります。

Facebookページを使って、LINE@の「友だち」を増やし、LINE@でユーザーをファンにさせる。

このように、FacebookページとLINE@を使えば、集客の面でライバルに一歩差をつける事ができます。今すぐ導入しましょう。

業界別のLINE@活用事例集。無料eBOOKをプレゼント中へのバナー

関連記事