2018/12/26

LINE@(ラインアット)に友だちを招待する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フォロワーを集める」で友だちを招待

LINE@(ラインアット)には様々な機能があり、集客するのにはとても有効な手段です。しかし、いくらLINE@(ラインアット)が有効な手段とはいってもフォロワーの数が少なければその効果は期待できません。そこで、ここではいかにしてLINE@(ラインアット)のフォロワーを増やすかについて、機能解説と一緒に解説していきます。あなたが使いやすく相性の合う方法を見つけてみてください。

LINE@(ラインアット)でフォロワーを増やす方法はいくつかあります。
・LINEから招待
・QRコードから招待
・アカウントのURLから招待
・Facebookから招待
・Twitterから招待
・メールから招待

アプリ版

ここからは、各機能からLINE@へ招待方法について紹介します。

■LINEからLINE@に招待する方法

LINEからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③LINEを選択
④招待したい友だちを選択し送信
※1回の招待で選択できるの最大10名まで

■QRコードからLINE@に招待する方法

QRコードからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③QRコード

表示されたQRコードを保存を携帯電話からみせたり、SNSやブログ・メルマガなどにのせることで友だちを招待することが可能です。

■URLからLINE@に招待する方法

URLからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③URL

コピーを選択し、追加URLをSNSやブログ・メルマガなどに記載しことで友だちを招待することが可能です。

■FacebookからLINE@に招待する方法

FacebookからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③Facebook

Facebookにログインし、QRコードやURLのリンクを掲載しFacebook上から招待することが可能です。

■TwitterからLINE@に招待する方法

TwitterからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③Twitter

Twitterにログインし、QRコードやURLのリンクを掲載しつぶやくことでTwitterから友だちを招待することが可能です。

■メールからLINE@に招待する方法

メールからLINE@に招待する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③メール

メール作成画面が立ち上がるので、QRコードやURLのリンクを記載しメール本文を作成し招待したい相手にメールもしくはメルマガを送ることで招待することが可能です。

■URL・QRコードを共有する際の例文を表示

RL・QRコードを共有する際の例文を表示イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③シェア例文

LINE@には、URLやQRコードに記載文章のサンプルを表示してくれる機能があります。もし文章が思いつかない場合はシェア文例を参考にしてみてください。

■「友だち追加」ボタンを設置する方法

「友だち追加」ボタンを設置する方法イメージ

①管理画面
②フォロワーを集める
③友だち追加ボタンを設置
④友だち追加ボタン
⑤コピー

QRコードやURLではなく、画像のような「友だち追加」ボタンをLINE@上で作成することができます。

PC版

 

①基本設定
②QRコード     :QRコード専用のコードをLINE@上で作成できます
③友だち追加ボタン :友だち追加ボタン専用のコードをLINE@上で作成できます

LINE@のアプリ版と比べると、FacebookやTwitterなどと連携できる機能はありません。しかし、作成された専用コードをコピーしてSNS上に貼付けつることでアプリと同じ対応が可能です。PCからこれらの操作を行う場合は、あらかじめSNSやメールを立ち上げておくとスムーズに作業が可能です。

考え方次第で友だちは増やせる

では、これらを使ってLINE@をフォローしてくれる友だちを増やすにはどのようにすればいいか、詳しく説明していきます。

■お店を利用
QRコードを来店したお客様に見せてその場で登録してもらったり、あらかじめLINE@上で印刷してお客様の目につく場所に設置する方法です。例えば飲食店であれば、メニュー表の裏側や着席した目の高さに印刷し貼りつけておく方法があります。他にも、DMやはがきを送る際にQRコードをのせておけば、いちいちURLを打ち込む手間もなく、そこから登録してくれる方もいらっしゃいます。

■名刺を利用
名刺の裏側にQRコードを記載して利用する方法です。名刺を渡せば渡すほどLINE@に登録してくれる可能性は高くなります。また、名刺を渡すさいに裏側を見せながら「登録してください」と一言いうだけ、何も言わず名刺を渡すよりも効果がでるようです。

■メールを利用
メルマガを発行しているのであれば、メルマガ内にリンクを載せるとよいでしょう。特にメルマガ登録直後のメールで登録を促すと、LINE@に登録してもらえる可能性は高くなります。

■ブログやHP・LINE@のタイムラインを利用
ブログやHPを利用しているのであれば、記事の最後にのせたりプロフィールにリンクやQRコード、友だち追加ボタンを載せるとよいでしょう。記事が面白ければ、どんな人がブログ記事を書いているのか気になるものです。そうしてプロフィールを見てくれた方は、LINE@に登録してくれる可能性も高くなります。また、タイムラインに記載するのもよいでしょう。

■SNSやYou Tubeを利用
FacebookやTwitterを利用していれば、定期的に登録を促すコメントやつぶやきをすることも可能です。また、You Tubeを利用していれば配信している動画の冒頭か最後にQRコードを記載したり、紹介文やプロフィール部分に友だち追加のボタンやリンクを載せる使い方もあります。

まとめ

LINE@は登録してくれている数が重要になります。しかし、LINE@登録してくれる人をただ待っているだけでは、友だちの数を増やすこと難しいでしょう。そのため、ここで紹介したようにオフラインとオンライン両方から友だちを増やす施策を、実施することをおすすめします。オンラインだけ、オフラインだけではなく両方試すことで、どの方法が一番LINE@に登録してくれやすいのか気付くことができるからです。そして、どの方法が一番登録してらえるかわかれば、あとは招待する文章を変えてたりタイミングを変えたり試行錯誤してみてください。その結果、いまよりも多くの方に登録してもらえるようになってもらえるでしょう。

業界別のLINE@活用事例集。無料eBOOKをプレゼント中へのバナー

関連記事