2019/01/29

LINE@のリッチメッセージを効果的に活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはLINE@のリッチメッセージをご存知でしょうか?
リッチメッセージとは、画像+URLのリンクで配信できる機能になります。
リッチメッセージを使うことで、視覚的に情報を届けることができるため、テキストのみの配信よりも、友だちから高い反応を得ることができるようになります。

フリープランでは使うことができませんが、ベーシックプラン以上であれば、積極的に使っていきたい機能なので「まだ使ってないよ」という方はぜひ参考にしてください。

リッチメッセージとは

テキストだけのメッセージとは違い、画像も一緒に吹き出し内に入れて送信できるメッセージです。文字だけでは反応を得にくい場合でも、画像と一緒に配信されるとイメージとして受けられるので反応を得やすいのが特徴です。

これまでLINE@からメッセージを送っても反応がなかったユーザーが、リッチメッセージを送ることで反応してくれたという事例も多くあるため、ぜひ活用したい機能です。ただし、LINE@のリッチメッセージを使うには1点注意があります。それは、ベーシックプラン以上からでないと利用できないことです。

【各プランの違い】

月額費用 リッチメッセージ リッチメニュー 属性表示
ターゲティングメッセージ
フリープラン 0円
ベーシックプラン 5,400円※1
プロプラン 21,600円※1

※1 月額費用は税込となります

リッチメニューとの違い

LINE@のリッチメッセージは、1つのメッセージに画像やテキスト情報URLを埋め込み送るメッセージです。リッチメニューは、友だち登録してくれたユーザーとやり取りをするトークルーム上(キーボードが表示されるエリア)に表示されるメニューです。文字だけではわかりずらいのでそれぞれの違いを画像で説明します。

リッチメニューとの違いイメージ

リッチメッセージは吹き出しとして表示されるため、次のメッセージが届くとスクロールしないと見ることができません。LINE@のリッチメニューは、メッセージではなく常に手前に表示されています。(非表示にすることも可能)それぞれの違いを理解いただけたでしょうか。

詳しくはこちら ↓

ブロック防止とクリック率向上

リッチメッセージは上手く使えばブロック防止にも大きく貢献してくれます。画像や動画も送れるため、面白いコンテンツをユーザーが受け取ればブロックされるどころか、ますますあなたのファンになってくれます。LINE@に登録しているユーザーが喜ぶコンテンツを送り、「続きはコチラ」と外部リンクへ誘導してあげることもブロック防止に効果的です。

リッチメッセージはただの画像とは違い、URLの情報を埋め込むことができるため、LINE@から外部リンクへ誘導することが可能です。外部リンクへ上手く誘導するために、大きめの画像を使うとユーザーのスマホ画面いっぱいに画像が表示され、それがクリック率向上につながります。また、ぜひ試してほしいのが画像内に「ココをクリック」や「クーポンを受け取る」など誘導する言葉を入れてみてください。LINE@のメッセージを見たお客様に、次に何をして欲しいか行動を指示するだけでクリック率に大きな違いが生まれます。

作成方法

PC画面からの作成方法を説明します。

PC画面からの作成方法イメージ1

※出典:LINE@マニュアル

① リッチコンテンツ作成
② リッチメッセージ
③ 新規作成

PC画面からの作成方法イメージ2

※出典:LINE@マニュアル

④ リッチメッセージのタイプを選択

PC画面からの作成方法イメージ3

※出典:LINE@マニュアル

⑤ メッセージタイトルを入力
※受取ったLINE@のユーザーが開封したくなるタイトルを入力しましょう
※ユーザーには、プッシュ通知や見出しで表示されトーク内では表示されません
⑥ イメージ画像を設定
※画像は1040pixel×1040pixelで固定する
※pngとjpgのみアップロード可能です
⑦ リンクテキストを入力
※リンクテキストはリッチメッセージに対応していないユーザーにのみ表示されます
※URL・クーポンの説明文となります
⑧ リンク先のURLを入力するかクーポンを選択する
⑨ プレビューから、配信されたときの見え方を確認
⑩ リッチメッセージに対応していないユーザーへの、配信されたときの見え方を確認
⑪ 保存

配信方法

リッチメッセージの配信方法を説明します。

リッチメッセージの配信方法イメージ1

① メッセージ作成
② 配信範囲で「友だち全員」か「属性で絞り込み」を選択
※「属性絞り込み」はプロプランのみ使用可能
③ 日時指定で「配信日時を指定する」か「今すぐ配信」を選択
④ ホーム(タイムライン)にも同時に投稿するか選択
⑤ 形式を選択でリッチメッセージを選択
※画像にはリッチメッセージの選択肢は表示されていません

リッチメッセージの配信方法イメージ2

リッチメッセージの選択肢を押すと、作成一覧が表示されるので使用する内容を選択する

※出典:LINE@マニュアル

⑥ プレビューから、配信されたときの見え方を確認
⑦ 下書き保存で、作成したメッセージを配信せず保存
⑧ 作成した内容をキャンセル
※作成途中で保存する場合は、「下書き保存」を選択
⑨ 配信

まとめ

LINE@のリッチメッセージは、ブロック防止とクリック率の向上に大変効果的です。また、単調なテキストメッセージとは違い、画像でイメージを伝えることができるためメッセージを受け取ったユーザーも楽しみながら内容を確認することができます。もしまだリッチメッセージを使っていない状態で、お客様からの反応が落ちていきていたり、ブロックや友だち解除数が増えてきているのであれば、ぜひ一度リッチメッセージを利用してみてはいかがでしょうか。ある程度費用が発生しますが、利用して多くのお客様から反応があれば十分に発生した費用を回収することは可能です。利用して反応がいまいちであれば、もとのフリープランに戻せばよいのです。ぜひ一度お試しください。

業界別のLINE@活用事例集。無料eBOOKをプレゼント中へのバナー

関連記事