2020/06/11

友だち未登録でもメッセージが送れる通知メッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月から重要性や必要性の高いメッセージを「友だち登録していない」ユーザーにも届ける通知メッセージのサービスが提供されました。
当初はインフラ企業を中心とした6社限定でスタートしましたが、サービス提供から約1年。

不動産関連や通販企業など、利用できる業種の幅も広がってきています。
今回は通知メッセージで、どのようなことができるのか?通知メッセージを利用するメリットとは?

通知メッセージを利用するためには?ということを詳しく解説していきます。

通知メッセージ(プッシュ通知)とは


通知メッセージとは、ユーザーのLINEに登録されている電話番号情報と企業に登録されている電話番号情報をマッチングさせることで、友だち登録されていないユーザーにも直接LINEへメッセージが配信できるオプション機能になります。

通知メッセージは、ユーザーにとって重要性や必要性の高いメッセージに限定されます。
そのため通知メッセージ配信前には、LINE社側の審査が必要となり、有効かつ適切であると判断されたもののみ配信可能となり、広告は配信することはできません。

通知メッセージのメリット・デメリット

通知メッセージのメリット

通知メッセージで配信できるのは、ユーザーが利便性を感じられる情報に限られますが、それでも活用することで、企業側にも多くのメリットがあります。

例えばヤマト運輸では、荷物配送の日時をあらかじめ通知メッセージで送っています。
通知メッセージを受け取ったユーザーは、いつ荷物が届くのかが分かり、タイミングが合わなければ、そのまま受け取り日時を変更することもできます。


出典元:LINE for Business(https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20190426/

もちろん配信しているヤマト運輸側も再配達の減少や、スムーズな荷物の受け渡しなどにつながっています。
他にも通知メッセージを配信することで、企業側には以下のメリットがあります。

メリット1:コスト削減

DMなどの配送費やコールセンターのコストなど、大幅なコスト削減ができます。近年では防犯意識も高いため、知らない番号には出ない方も増えています。

また、Eメールも届かない・読まれないという中において、必要な情報をお客様のLINEへ直接届けることができることは企業・お客様の双方に大きな利点となります。

メリット2:友だち数の増加

友だち登録をしていない自社リストに対して直接LINEのメッセージが届けられるため、劇的な友だち増加が見込めます。
東京電力エナジーでは、通知メッセージを利用したことで3倍以上の友だち数へ増加しています。

企業アカウントの友だち数が、導入前の約15万人から50万人とおよそ3.3倍になるとともに、同社の家庭向けWebサービス「くらしTEPCO」とLINEアカウントを連携させた友だち数も、導入前の約2万3千人から8万3千人へ増加した

引用元:https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20190426/

メリット3:サービス認知の向上

上記引用からもわかるように、お客様がLINEを運用していることを知らないケースは多くあります。
しかし、LINEを通してLINE公式アカウントの情報やメッセージ配信ができるため、自社商品やサービスの認知につなげることができます。

通知メッセージのデメリット

ユーザーの利便性を高めるメッセージが前提にあるため、ポジティブな意見や反応が多いのも特徴です。
一方でデメリットとしては、ユーザー側の認知がまだまだこれからとなるため
「なぜ登録していない企業からLINEが届くのか?」と不審に感じてしまうユーザーも存在するということです。

LINE社もサービス周知には課題感を感じており、通知メッセージの一層の周知・認知向上を目指しています。

通知メッセージの審査基準

お伝えしたように通知メッセージは、LINE社がユーザーにとって有益であると判断したものに限定されます。

審査を通しやすくするためにも、どのような利用目的であれば活用できるのか知りたい方は、上記の一覧表をご確認ください。
※上記の利用用途でも、内容によって審査が通らないこともあります

通販企業の通知メッセージ活用方法


通販企業が通知メッセージを利用する場合、購入タイミング時や商品発送時などに通知メッセージを配信することができます。

そのうえで、先ほどもお伝えしたように、広告用途で通知メッセージを利用することはできないため、
上記タイミングで「友だち登録を促す」ことが効果的です。

その理由は「広告目的で利用することはできません」が、友だち登録を促し、友だちになることで、
自社のLINE公式アカウントから商品情報やキャンペーンを打つことができるようになります。

通知メッセージを利用するために


通知メッセージは、LINE公式アカウントのオプション機能になります。
利用するためには、LINE社の認定するパートナーへ相談・依頼することになります。

LINE社のパートナーについては興味がある方は、こちらの記事もご覧ください。

弊社(スタークス)は、LINE社の「Technology Partner」および「Sales Partner」に認定されています。
弊社が提供する「CScloud」では、オプション機能である通知メッセージ以外にも様々な機能を提供しております。

通知メッセージ以外にも、LINEの活用方法や各施策など、業種ごとの成功事例と合わせてご紹介しております。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

CScloud:https://www.cs-cloud.jp/

また、通販企業様につきましては、通販企業がLINE公式アカウントを最適化するための無料セミナーも随時行っております。
ご興味がある方やLINEの活用法を参考にしたい方は、お気軽にセミナーにご参加ください。

無料セミナー:https://peraichi.com/landing_pages/view/f1k5u

まとめ

今回はLINE公式アカウントの通知メッセージは、企業とユーザーの双方に大きなメリットがあります。
LINE公式アカウントを活用して「コストを削減したい」「もっと友だちを増やしたい」「サービス認知を向上させたい」
そのようにお考えの担当者・運用者は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントを残す

*