LINE@の1:1トークで
こんな悩み
ありませんか?

  • LINE@を導入して問い合わせは増えたが、売上に結びついていない
  • 売上に繋がる見込み客か分からず、無駄な手間、コストばかり増えている
  • 売上アップには結びついてるが、対応コストがかかりすぎている
  • スタッフのやり取りが見えないため、マネジメントできない
  • 対応漏れ、ミス、対応遅延が発生しており、クレームや機会損失が発生している
  • チームでの共有やコミュニケーション管理に時間とコストがかかっている
  • 管理コストの削減、見えにくい機会損失を解消して売上や利益を底上げしたい

images

LINE@1:1トークに特化した
CS cloudで解決できます!

CS cloudとは?

CS cloud は、LINE@(企業向けLINEアカウント)のAPIを利用し、LINE@での問合せからのセールスやカスタマーサポートを自動化することで、顧客対応の手間を増やすさずに“成約率アップ”や“CSコスト削減”を実現します。

images

LINE@での問合せに対して、自動シナリオ→有人対応をシームレスに行えます。
また、特定ステータスなどへのセグメント配信もできるため、掘り起こしもできます。

images

CS cloudの特徴

特徴:①

実質的な見込み客を
最大2倍に増やせる

images

友だちになった見込み客からトークが来なくても、友だちになったら通知がくるためプッシュでトークを送れます。

特徴:②

24時間365日休みなく
チャットボットが即時対応

images

チャットボットがスピード対応してくれるので、見込み客の今すぐ返信して欲しい気持ちに応えることができます。

特徴:③

カルーセルで
見込み客からの返信率アップ

images

見込み客がタップするだけで返信することができるため、返信してもらえる確率が大幅にアップします。

特徴:④

共有管理できるので
チームの対応コスト1/2

images

複数人・複数拠点でも状況を共有管理できるので、チーム内での共有管理コストを削減し、誰でも対応できるようになります。

特徴:⑤

唯一のアプリ対応!PCでもスマホでも楽々できる

images

スマホアプリ対応しているため、どこでもスピード対応することができます。もちろん共有管理機能があるので、アプリで複数人対応ができます。

特徴:⑥

セグメント配信に対応

images

見込み客の属性にあわせたセグメント別一斉配信を使って効率的にフォローや掘り起こしができます。

CS cloudの特徴を見る

CS cloudの特徴を90秒で確認

業界別活用方法

  • 人材派遣

    24時間、手間なく意欲の
    高い求職者を集める

    応募者に対して24時間、自動シナリオで素早く必要な情報を取得。スタッフの手間なく自動で意欲の高い求職者を見極めてから、有人対応でアプローチできます。セグメントフォローなら、決定しなくても関係性の構築が可能です。

    活用事例を見る

  • 人材紹介

    LINEのやり取りの可視化で
    マネジメント&サポート

    1:1トークの共有管理で、求職者と担当者のやり取りを可視化。担当者の確認や進捗状況も確認できます。情報共有が難いLINEのやり取りを共有管理すれば、別のスタッフがサポートを可能にして漏れやミスを無くします。

    活用事例を見る

  • 中古買取

    トークの共有で全国の査定を
    より早く、より楽に

    どの店舗でも全員が査定やスタッフの返信内容を検索・共有できます。顧客情報も編集ができるため、来店時に査定したかどうかが 瞬時に分かります。カルーセルを使い、見込み客へ分かり易い説明で査定依頼アップ。

    活用事例を見る

他にもこんな業界で使われています

中古買取・人材・店舗予約・不動産・士業・サロン・EC・オーダーメイド商品 etc…。
多くの業種業界でお喜びの声を頂いております。掲載のない業種も、あなたの業種にあった事例をご紹介できる可能性があります。
業種毎の事例詳細が知りたい方は、一度お問い合わせください

CS cloudの主要機能

  • 誰がどのトークの担当者?
    一目でわかる「担当者設定」

    images

    1:1トーク(お問合わせ)ごとに担当者を設定できるので、お見合いすることもなくスムーズに応対することができます。

  • お問合せ内容は自動で解決
    「自動応答のシナリオ」

    images

    自動応対により業務の簡略化ができるほか、カルーセル式のシナリオ自動応対を作成できるので、お問合せが自動的に解決させることもできます。

  • お問合せ状況が明確になる
    「ステータス管理」

    images

    お客様から届いたお問合せ状況(未対応、対応中、対応済み)を管理することができるので、どのトーク(お問合せ)に対応すべきかが一目瞭然。対応漏れを防げます。

  • 1クリックでトーク作成
    「テンプレート管理」

    images

    よくある質問やよく使うテンプレートとして登録管理できるので、スタッフの対応レベルを均一化し、対応スピードが大幅にアップします。

  • 読み手が理解しやすい
    「カルーセル機能」

    images

    左右にスライドさせ、複数の画像とテキストを表示できるカルーセルメッセージは、サービスやコミュニケーションの内容を視覚的に伝えられるので、お客様からの返信や行動を促すことができます。

  • 履歴が残り続けて安心
    「応対履歴」

    images

    お客様からの過去のお問合わせ履歴もタイムライン形式で管理、表示します。過去の履歴を全て保存していているため、ミスなく誰にでも引継ぎを行うことができます。

  • キャンペーン効果を高める
    「セグメント配信」

    images

    従来の一斉配信のほか、自由に設定できる顧客タグへのセグメント配信により、ユーザーの属性に合わせたメッセージが配信できます。

  • 面倒な入力の手間を減らす
    「LIFF問合せフォーム機能」

    images

    LINEのアプリ内で専用の問い合わせフォームを出すことができます。この専用フォームにより、WEBページに遷移することもないため離脱を防ぐことができます。また、項目の必須・任意を選ぶことができるため、必要な情報を確実に入力してもらえます。

  • 外出先でもスピード対応
    「専用アプリ」

    images

    LINE@のAPI連携の顧客対応ツールとして唯一スマホアプリに対応。外出時の急な連絡や即時対応が必要な場面でも、場所を選ばずスピード対応ができます。※iOSとアンドロイドに対応

機能の詳細をチェックする

メディア掲載実績

CS cloudが35媒体以上のメディアで紹介されました。

新聞記事 ダイレクト出版株式会社の
「ダン・ケネディ実践ニュースレター」
(2018年10月号)にインタビュー記事掲載

  • Rakuten Infoseek
  • 朝日新聞 DIGITAL
  • YAHOO!japan ニュース
  • 日本ネット経済新聞
  • ECCLab
  • ネットショップ担当者フォーラム
  • MarkeZine[マーケジン]
  • TL

LINE活用ブログ

CSjournalは、顧客と1to1でコミュニケーションするカスタマーサポート(CS)に携わる全ての人々が、顧客とより良い関係を築き
企業の繁栄を実現する。そんな現場で使える実務的な情報や、CSの現場で働く人の悩みや問題解決に直結する現実的な情報を扱っています。

ブログ記事一覧を見る

今すぐ下のボタンから詳細な資料を請求して
あなたの会社にCS cloudを取り入れる方法を確認してください。

ページトップへ戻る