LINE@ 1:1トークのオートメーションツール

  • Home
  • CScloudの特徴

CScloudの特徴Reason to choose

LINE@の1:1トークを
オートメーション化する
「CScloud」3つの特徴

CScloudと他社LINE@API連携ツールとの違いは、「1対1」×「自動・有人対応」。
無人対応だけでは完結できない顧客対応を、無人&有人対応を組み合わせて最適化することで、
問合せからの成約数アップ、電話やメールでの顧客応対コストの削減を実現します。

図

images

特徴1チームで連携した1:1トークの共有・管理

CScloudでは、LINE@でお客様から届いた1:1トーク(お問合わせ)をチームで確認・共有・管理をしながら、メッセージごとに担当者を設定をすることが出来ます。そのため誰がどのメッセージに応対すれば良いか一目で分かり、お見合いすることなくスムーズに応対することが可能です。

さらに問合せ状況をその場で「未対応」「対応中」「対応完了」などステータス管理することで、自分が応対すべきトークが瞬時に判断出来るため、未対応トークがどれなのか、メッセージを確認しながら探す手間と煩わしさから解放されます。

images

特徴2チャットシナリオで自動応対

メールや電話でくる質問は半分近くが同じような内容や質問だったりします。同じようなお問い合わせが自動返信できるため、作業が楽になるのはもちろんのこと、本来電話やメールでお問合せにかけていた応対時間を減らすことで他に必要な作業に時間を使うことができます。

他にも、選択式の自動応対により事前にお問い合わせの内容を明確にすることも可能です。

お問い合わせ内容が明確になることで、専門知識の必要なお問い合わせの場合でもお客様を待たせることなく応対ができるため顧客満足度の向上にも繋がります。

images

特徴3セグメント配信

自由に設定できる顧客タグへのセグメント配信により、ユーザーに合わせた最適なメッセージをその都度配信することが可能になります。その結果、ブロック率の低下を防ぎながら高い反応を得ることで売上アップを見込めます。

顧客情報を編集できるため、ロイヤルカスタマーなど顧客レベルに合わせた配信で顧客満足度を向上させます。セグメント配信に向けたメッセージをテンプレート登録することで、最適なメッセージを適切な顧客へ簡単に配信することが可能になります。

※セグメンテーション機能は近日リリース予定となります。

  CS cloud LINE@ API利用の販促ツール
自動応答メッセージ
1:1トークのシナリオ対応 × ×
1:1トークのチーム内共有 × ×
ステータス管理 × ×
テンプレート機能 ×
問い合わせ内容のラベル管理 × ×
メッセージの一斉配信
セグメント管理・配信 ×
顧客情報の編集・管理 ×

※セグメンテーション機能は近日リリース予定となります。

今すぐ下のボタンから詳細な資料を請求して
あなたの会社にCS cloudを取り入れる方法を確認してください。

ページトップへ戻る