LINEで集客する3ステップHow to attract customers

LINE@(ラインアット)で
集客する3ステップ

集客のためにLINE@を活用したいがどうしたらよいか分からない。また、ブログなどで公開されている集客方法を試したがイマイチ集客できない。

そんな悩みをお持ちの方向けに、基礎編から応用編までの「LINE@集客の3ステップ」をご紹介します。

LINE@集客する3ステップ

LINE集客ステップ①
LINE@の友だちリストへ一斉送信

最も一般的なLINE@集客は、友だちリストに一斉配信する方法です。
メルマガをLINE@に置き換えるだけで、何倍もの成果を上げることができます。

なぜ、LINE@ではメルマガの何倍もの集客できるのか?
それは、利用者数・アクティブ率・開封率でメールと比べて圧倒的に高い数字だからです。

図

集客効果が高い理由には、さらに下記のようにな理由もあります。

  • 常に持ち歩いているスマートフォンへ直接届く
  • 家族や友達と普段からLINEを使っており抵抗感がない
  • プッシュ通知で相手が気づく

メルマガの集客減少に悩んでいたが、LINE@で売上がアップした事例を紹介します。

LINE集客ステップ②
チャット(1:1トーク)を使って集客

LINE@は一斉送信だけではなく、企業や店舗への申し込みや予約、お問い合わせ先としてLINEを活用することでも集客できます。

特に効果的なのが、HPやランディングページにLINE@のお問い合わせを設置する方法です。
ただLINE@を設置するだけで、お問い合わせ数が1.5倍~2倍になった事例がたくさん出ています。

HPやLPで、LINE@での問い合わせを受付

図

下記事例はHPへのお問い合わせ先にLINE@を追加しただけで、お問い合わせ数が1.5倍になった事例です。

では、なぜメールやお問い合わせフォームと比べて、LINE@はそれだけの集客力があるのでしょうか。その理由は大きく分けて3つあります。

1つ目は見込み客が普段から使っているLINEだから、気軽にお問い合わせができるということ。

図

2つ目は面倒なフォーム入力と比べて、QRコードを読み込んだら1タップで友だち登録ができるので、手軽にお問い合わせができるということ。

図

3つ目は、メールのように長文を考える必要がなく、短文でサクッとお問い合わせができること。

図

LINE集客ステップ③-1
専用システムでチャット(1:1トーク)集客を強化

メルマガと比べて圧倒的に集客効果の高いLINE@を最大限活かす方法は、LINE@と連携した専用システムを使うことです。

LINE@だけの場合、1:1トークで集客をした後、相手からチャット(1:1トーク)が届いた場合のみ、1:1トークでつながることができます。つまり、見込み客から何もチャット(1:1トーク)が届かない場合、アプローチすることができません。実際、友だち登録をした人のうち、40%~60%※の見込み客は登録だけでお問い合わせも何もしない傾向にあります。

そこで、LINE@と連携したシステム「CS cloud」を使うことで、登録だけの見込み客に対して1to1でアプローチすることができます。

CS cloudなら友だち登録をした瞬間から
顧客情報が分かり、
相手から1:1トークで
話しかけられなくても、
アプローチすることができる!

図

結果として、これまで友だち登録されても何も出来なかった見込み客へ個別にアプローチできるので、見込み客が実質2倍に増え、集客効果を高められます。さらにチャットボットが自動対応することで、顧客対応の手間も増えすことはありません。

図

LINE集客ステップ③-2
専用システムで一斉配信集客を強化

2019年4月18日以降のLINE公式アカウント(旧 LINE@を含む)の新プランで通数課金制になるため、やみくもに一斉配信するのではなく、必要な友だちリストだけに配信する「セグメント配信」が重要となります。

そこでLINE@で分かる属性でセグメント配信するだけでなく、会話データや注文・顧客データでのセグメント配信することが効果的です。

CScloudなら、有人対応のチャット(1:1トーク)やチャットボットによる自動応答で会話しながら得られた情報を顧客ごとにタグとして保持することができるため、そのタグでセグメント配信することができます。

さらに、会話データだけでなく、顧客管理システムとデータベース連携すれば、さらに効果的なセグメント配信することもでき、ブロックを回避しながら集客効果を高めることができます。

今すぐ下のボタンから詳細な資料を請求して
あなたの会社にCS cloudを取り入れる方法を確認してください。

ページトップへ戻る