コスト削減のポイントHow to cost cut

LINE@(ラインアット)のコストを
大幅削減するポイント

LINE@のフリープランは無料から使え、チャット(1:1トーク)であれば通数を気にすることなく、友だちとコミュニケーションを取ることが可能です。

※LINE@運用にかかるコストの内訳図

しかしLINE@やチャット(1:1トーク)を無料で使っていても、様々なコストがかかっていることにお気付きでしょうか?気付かぬうちに何十万円もムダな運用コストをかけては、穴の開いたバケツのように、利益をしっかりと残すことができません。

もし、LINE@のムダな運用コストが1/2、1/4になったとしたら、どのくらい価値があるでしょうか?LINE@の運用コストを削減するポイントを解説します。

1
LINE@の運用コスト削減「チームへの共有コスト」

LINE@のチャット(1:1トーク)は「誰が対応しているのか」「どのような対応をしているのか」「いつ対応したのか」などの確認や共有作業を減らすことで、対応コスト(人件費)を大幅に削減することが可能です。

CS cloudでは、複数のパソコンやスマホアプリでもチャット(1:1トーク)共有できるため、ムダな確認作業に時間を使う必要がありません。

他にも「担当者設定」でお問い合わせごとに担当者を設定できるので、自分が返すべきトークが一目で分かったり、「ステータス管理」でお問合せ状況(未対応・対応中・対応済み)の管理でトークを確認しながら、返信の優先順位を付けることが出来ます。

図

2
LINE@の運用コスト削減「無駄な有人対応のコスト」

2つ目は自動応答を使って運用コストを削減する方法です。

有人対応で返信しているなかには、わざわざスタッフが行なう必要のないものが多く存在します。よくある質問はもちろん、友だち追加時の対応は決まったパターンのため、チャットボットに任せることができます。チャットボットが自動返信することで、これまで有人対応にかかっていたコストは大幅に下げることができます。

有人対応で発生していた工数とコストを1/5に削減

図

3
LINE@の運用コスト削減「管理・マネジメントコストの削減」

LINE@のチャット(1:1トーク)を複数人の組織として使う場合、管理・マネジメントにかなりのコストがかかっています。その原因は以下の2つです。

  • 1)LINEを使った部下のやり取りが分からないなど、部下の管理ができない
  • 2)1:1トークの履歴が残らないなど、ツールの管理ができない

そこで、部下の管理・マネジメント、チャット(1:1トーク)の管理をシステム化することで、コストを大幅に削減することができます。

CS cloudはLINE@のチャット(1:1トーク)が可視化されるため、チーム全員のLINEを通したトーク内容をパソコンやアプリから確認できます。本人任せになっていたトーク内容を一元管理できるため、LINE@でかかっていた管理コストや確認コストを抑えられます。

他にもLINE@のチャット(1:1トーク)を全て保存しているので、何か別のツールに情報を残す必要もなくなります。

テンプレートも登録できるので、エクセルなどのツールに管理する手間も省け、1クリックでトークを呼び出せるため、スタッフの経験の差による応対のバラツキをなくします。

やりとりが全て可視化されるCScloudのチャット画面

図

4
LINE@の運用コスト削減「教育コストの削減」

例えば、リユース業界であれば問い合わせ担当や査定のスタッフ、人材紹介・人材派遣業界であればキャリアアドバイザーなど、スタッフの入れ替えが起こりやすいですが、その度にかかるのが教育コストです。

CScloudはチャット(1:1トーク)の共有管理ができるため、新人スタッフの教育コストの削減はもちろん、シンプルな操作性でツールを教えるための教育コストも削減できます。

LINE@だけでは不安で任せることが出来なかった仕事も、新人スタッフと同じ画面を見ながら作業をしてもらうことで、ミスやクレーム、機会損失を防ぎながら新人スタッフの成長を促せます。

また、直感的に使えるUIにより、ツールを教える時間や使えるようになるまでの教育コストをかける必要もありません。

まずはお問い合わせ
ください

お電話でのご相談・
お問い合わせもお気軽に

03-5719-5377

平日10:00~18:00

ページトップへ戻る